Sound revived

デジタルオーディオの口火を切った CD も、今ではすっかり旧世代メディアの扱いを受けています。現況デジタルオーディオはインターネット抜きでは考え難くなっていますが、アナログオーディオに目を向ければ今もレコードプレーヤーやカートリッジのレビューが引きもきりません、しかしレコード再生の核心を占めるのはフォノイコライザーなのです。

近年販売が開始されたフォノイコライザーの中でも、とりわけ耳目を集めるモデルがあります。 それらは従来からあった RIAA カーブ一択の定番物ではなく、レーベルによって異なる数種のイコライジングカーブが選択可能なモデルです。

これまでも RIAA 以外のイコライジングカーブを選択可能なモデルもありましたが、その解説書には必ずと言っていいほど SP 盤かステレオレコード出現以前のモノーラル盤に対応する為と謳われていました。まあこれは例の暗黙の掟が蔓延する界隈へのエクスキューズ或いはカモフラージュもあるのでしょうが。

話が逸れました。

近年新製品として登場してきたモデルに備わるイコライジングカーブの選択機構には、ありとあらゆるカーブを再現可能なターンオーバーとロールオフを別々のスイッチで切り換えるか、決まった数種類のカーブを一つのスイッチで切り換える2通りのタイプがあります。その操作性や使い勝手の快適さの見地からは、比較的新しいモノーラル盤やステレオ盤が中心なら後者の方を選択するのが断然良さそうです。

直近目を通したオーディオ専門誌上に於いてこの手のモデルの比較試聴企画の記事は、機種名の記憶は無いのですが比較的若い方がレビューを載せていました。そこには今迄のようにイコライジングカーブを蚊帳の外に置くことをせず、これらの古いイコライジングカーブの有用性を試そうとする姿勢が見て取れまる内容でした。文中イコライジングカーブの有用性を理解して行くくだりでは、まだまだおっかなびっくり周りの様子を伺いながら恐る恐るといったところにも却って好感が持てました。

これら一連の流れが途切れること無く継続するようにしっかり応援しないといけないななんて気持ちにさせられましたし、これからのことを考えると確かに良い方向に進んでいるようで嬉しく思います。

まだまだオーディオの旧世界では RIAA カーブ厨が幅を効かせているようで、色んな所で事に用いるイコライジングカーブは RIAA 以外は認めないなんてしょっちゅう耳にします。

未だ多くの信者を抱えている RIAA カーブ原理主義の大元を辿れば、そもそも「RIAA」が1956年ステレオ盤発売と同時に RIAA 規格のイコライジングカーブに統一すると宣言し、世界中のレーベルが追随したとの風聞が発祥のようです。強大な国力を誇った当時のアメリカではありますが、実際には何の法的権限も強制力も持たないレコード会社の業界団体に過ぎない「RIAA」にそのようなことが出来るはずがなかったのは少し考えれば分かることです。

それに加えて当時使用されていた市販の機器や環境を考えると再生は其れなりで、生音との聴き比べをしたところで全く掛け離れたものであったことは想像に難くありません。音の違いを正しく認識できなかったこと、これは当事者の能力の問題と云うより当時の再生環境全体の未熟さに問題があったと考えます。

とまあ RIAA 万能説の始まりの私的解説はこの辺りで一旦置くとします。

世紀末も後数年というところで、突如『 RIAA を使用しているレーベルの方が圧倒的に少ない。』と云う”戯言”を放つ異端が現れます。その時オーディオメーカーや出版社或はその界隈の対応は、躊躇なく聖域に手を突っ込んでくる異端=ザンデンオーディオシステムと云う得体の知れないブランドには、徹底した黙殺で臨むしかしょうがなかったのでしょうね。

1998 年ステレオ盤を対象にした世界初のイコライジングカーブ可変型 LCR Phonoiqorizer Zanden Model 1000 がザンデンオーディオシステムから売り出されました。本機のアップデートとともに同社が順次公表してきたステレオ再生におけるイコライジングカーブの使用方法やデータに関して、 20 数年間ひたすら知らぬ存ぜぬを続けてきたオーディオ界の主要メディアや業界の現在がそのことを証明しています。

事実 Zanden Model 1000 発売以来 Model 1200 Model1300 といった機種のレビューを読むと分かるようにオーディオ専門誌に掲載された記事ではイコライジングカーブの部分は全くと言って良いほど意図的に素通りされていましたから。

RIAA カーブ原理主義に陥るとステレオ盤本来の音を知るチャンスを逃してしまいます。皆手を携えて伏魔殿から脱出しましょう。

変革の時はそこまで迫って来ています、 CD が口火を切ったデジタルオーディオが連れて来た圧倒的なノイズレスの世界、そこから始まった新しい時代のリアリティーの追求、その厳しい要求に呼応するように進歩したオーディオシステム。そうして現在の機器のサウンドクォリティーは飛躍的に進歩しました、その恩恵を一番大きく受けることになったのがアナログオーディオです。

もう一度言いますがアナログレコードの音を見直すきっかけを作ってくれたのはデジタルオーディオです。

アナログ時代には成しえなかった高低両端の再生音の明瞭化やノイズの低減、ステレオイメージに於ける定位・立体感・奥行き感の再現性等、過去の記憶に照らしても全く別物、途方もない進化・深化です。

LP レコードを駆逐したかに見えた CD も、長くオーディオを続けてきた耳には気付いてしまう不快なノイズ、 メーカーが謳う理論上では聞こえるはずのない不快な音を多くの人が指摘していました。そんなものに気づいてしまった人の耳には不思議とアナログレコードの音が心地好くも新鮮に聴こえたのです。

それに加えて操作が簡便で手間のかからない CD 再生に趣味としての物足りなさを(儀式的に、様式的に、ブラックボックス化されたものへの拒否感等々)感じていたオールドタイマーのアナログレコードへの回帰や、レコードを新鮮なメディアと認識する若い世代がそれに加わり始め、アナログオーディオは単なるリバイバルではなく「新しい事」として緩やかながら好ましい流れとなりつつあります。

デジタルオーディオの出現がアナログレコードを新次元へ引き上げました、それは嬉しい誤算と云う他なくメリット満載の僥倖でした。 やっとレコードと生音とを比べられるようになったのです。

旧弊を知らない新しい世代の参入が始まり、楽しいアナログレコードの世界が広がる未来がやって来そうな今日この頃です。 そしてくだんのフォノイコライザーの登場は音楽好きのレコード再生を間違いなく後押ししてくれるでしょう。

躊躇は要りません、これら古くて新しいフォノイコライザーを使い倒しましょう、レコードに刻まれた本当の音を聴く初めてのチャンスなのですから。

注 The Recording Industry Association of America® (RIAA)

*今は困難の時です、無理なお出かけは控えて健康に気をつけてお過ごしください。

こんな時音楽は良い友達です。

2020.04.19