13)Power amplifier

EPSON DSC picture

パワーアンプはスピーカーから音を出すのに必要な言わばスピーカーの電源です。その意味からパワーアンプに必要な性能について単純に考えれば、スピーカーの能率に見合った出力があればどのようなものでも良さそうに思えます。ところが実際には終段の音を決めてしまう重要な部分であり、その選択と選別には特に腐心が必要なオーディオコンポーネントです。

其の仕事はプリアンプからの信号を増幅してスピーカーを動かす訳ですが、入力をいかに忠実に歪み無く出力出来るかが問われます。同時にどのような入力信号に対してもリニアに反応しスピーカーの要求する電力の供給が求められます。それらの要求に応えるには相応の強力な電源部を必要とします。数値の上での効率だけを考えればスイッチング電源でも事足りる様に思われがちですが、それらには現在も満足のいく製品は現れていません。質の高さを求めるオーディオに於いて、パワーアンプの性能の良し悪しは単に瞬間的に供給出来る電力量だけではないと分かります。

当店の増幅に関わる機器類は全てザンデンオーディオシステム製を使用しています。パワーアンプはすべて真空管による増幅を採用し真空管整流を用いた電源を採用しています。その理由はハイエンドオーディオのトップブランドとしてベストパフォーマンスの実現であり、増幅素子としてのポテンシャルの高さを認めての採用であり理由も無く真空管増幅に固執している訳ではありません。いずれザンデンオーディオシステムのラインナップにも半導体増幅のパワーアンプが加わる日が来ることもあるやも知れませんが。

一般的なイメージとしての真空管の音と巷間云われている様な古めかしくも懐かしい音色は真空管以外の要因に因るものです。

現在のザンデンオーディオシステム製パワーアンプのラインナップは、使用されるスピーカーに合わせて300B シングルステレオアンプから 845PP モノブロックアンプまでラインナップされ、出力も 8W から100W 迄と幅広いチョイスが可能になっています。リファレンススピーカーに QUAD ESL 2905 を使用する当店では 、モノブロック 845PPのZanden Model 9600 Amplifiers を使用しています。

スピーカーを選ばないパフォーマンスを持つこの Zanden Model 9600 Mono Block Amplifiers から、シングルアンプの極みと思える 300B・Model 7000 Stereo Amplifier、そして最新の Model 8120 Stereo Amplifier迄、ダイナミックスと同時に精緻で繊細な表現を得意としています、ご自身の耳でそのクォリティーの高さをお確かめ下さい。