Direct Drive Turntable 考

常日頃性能やデザインにこれと云った不満も無く当たり前のように使っていたレコードプレーヤー、ある時を境に何故か違ったものを新調するぞと云った欲求に駆られる瞬間があります。その切っ掛けはメーカーお仕着せのレディーメードのものでは物足らなくなってしまったとか、ターンテーブルやトーンアーム等のユニットに気になるものを見つけたとか、また既視感の無い組み合わせに興味がわいてしまったとか理由は様々あると思います。そう云う時に於いても先ず決めておかなくてはならないのがレコードプレーヤーシステムのエンジンであるフォノモーターです。

何故ならフォノモーターのドライブ方式が、レコードプレーヤーの性質を大きく左右性能を決定づけるすることになるからで、それは時代と共に流行り廃りがありギアドライブ・アイドラードライブ・ストリングドライブ・ベルトドライブ・ダイレクトドライブへと変遷してきました。そして LP から CD へと時代は流れ、オーディオはかつてブームなどというものがあったのかも疑わしい程衰退してしまった昨今、山ほどあった国内の大手オーディオブランドがかき消えてしまっていました。大手が手を引いてしまった現在、レコードプレーヤーの主流は構造上少量生産が可能で資本投下が少なくて済むベルトドライブシステムにシフトしています。

EPSON DSC picture

そんな状況でもレコードリスナーの間では、未だにターンテーブル(ここからフォノモーター=ターンテーブルとします)のドライブ方式についての議論が絶えませんし、その議論は堂々巡りを繰り返すばかりで決着を見る時は来そうにもありません。私も過去ダイレクトドライブは音が悪いと云う風潮に傾いていた時期があり、消去法ながらベルトドライブプレーヤーでもまあ良いかなと考えて過ごしたこともありました。

しかしここ数年の間にフォノイコライザーやカートリッジの目覚ましい性能の向上が、ベルトドライブターンテーブルシステムではどうしても乗り越えられない壁があることに気付いてしまったのです。時間の芸術である音楽をレコードで正しく再現するならば、レコードプレーヤーには正確な回転尚かつ静謐であることが求められます。これまであらゆるドライブ方式のレコードプレーヤーに触れて来た経験に鑑みて選ぶとするならば、モーターとプラッター間に全く夾雑物が存在せず静謐で高精度の回転維持が可能なダイレクトドライブターンテーブル一択になります。

とは言うものの未だ多くのファンを魅了し続けている過去業務用用途での実績が高かったアイドラードライブ機については、多少の S/N の悪さには目をつぶる必要はありますが好事家がそれを承知で使用するには何等問題はないと考えます。しかし高性能業務用アイドラードライブ機は定期的メンテナンスの確実な実施が使用条件であり、その水準を維持した上でのあくまでもプロユースとしての良さにあると云えましょう。近年のイージーオペレーションのオーディオ機器を使い慣れたオーディオファンにとって、使用に当ってリスニング以外にかかる時間も対価もコンシューマー向けとは異次元に踏み込む覚悟が必要になります。また良質の実働個体の残存数の少なさから実用に堪える製品の入手に難があり、入手後もメンテナンスのスキルいかんによって性能が左右され易いので、メインキャストとして迎え入れるのは難しいと云わざるを得ません。

1970年代後半の我が国でレコードプレーヤーの本流と思われていた D・D(ここからダイレクトドライブを D ・D と表示します)ターンテーブルシステムの退潮は、 CD 発売後それまで幅広い年齢層を捕えていたホビーとしてのオーディオの凋落が引き金になりました。それに伴い当時D・D モーター開発の牽引車であった大手メーカーが、オーディオビジネスを見限り相次いで撤退してしまったからです。以降現在に至る迄、元々が小さいオーディオと云う限られたマーケットを対象にしている割に開発製造に多額の資金が必要な高性能 D・D モーターの開発は、現在のオーディオを取り巻く状況から見えてくる市場性の低さやメーカーの余力の無さなど諸々の理由から行われなくなったままです。

そのような事情から、オーディオ全盛期には我が国の殆どのメーカーが競って世に送り出した D・D ターンテーブルシステムも、近年では海外生産のDJユースのものを除き全て生産を終えています。まだ沢山残っていると思われる使用中のものにしても、アイドラードライブ機と同様過去のものとして扱われています。そのようなことから性能についても現在では顧みられる機会さえなくなりつつあるようですが、いえいえどうして当時各メーカーが技術の粋を結集し生み出した製品は今でも十二分に通用する実力を秘めています。その証左と云えるかどうかはわかりませんが、最近の西欧のハイエンドオーディオシーンに於いて、その数はまだ少ないものの D・D モーターを使ったターンテーブルシステムが登場して来ています。

日本で開花した D・D ターンテーブルシステムは、高性能とメンテナンスフリーを買われてターンテーブルの回転方式の中で圧倒的優勢を勝ち取りました。D・D ターンテーブルシステム黎明期からオーディオを始めた私もその時代を享受し、各種のターンテーブルシステムを取っ替え引っ替えしながら楽しくオーディオライフを過ごしていました。一方そんな時勢にもメインストリームに背を向けるように  D・Dシステムの音に不満を持ち、アイドラードライブやベルトドライブのターンテーブルシステムを使い続けている一部のレコードリスナーの存在がありました。

ここに来て再びメインシステムに D・D システムを採用することにした私にしても、当時の製品の性能に100%の満足してはいませんでした。過去に経験した様々な経緯もあってこれからの D・D ターンテーブルの使い方の参考にする為、今更ながら D・D ターンテーブルシステムに否定的だった彼等の不満がどこにあったのかを突き止めようと、現在個人的に入手可能な各種の D・D モーターの聴き比べを進めて行くうち、ようやくその原因が見えて来ました。それは主に回転をコントロールするドライブサーキットからのノイズや、必要以上のトルクを発生させる為に使われた強力すぎるマグネットにあることに気付いたのです。

そのことを確認する為、数値的な性能があまり高くないシンプルな回路構成だったり、それほど強力なマグネットが使われていない機種(どちらと云えば下位機種)を選び試してみるとその考えが大きくは外れてはいない、と云うよりやはりそのことが大きく拘っていることが更にはっきりとしました。究極のドライブシステムとして全盛を誇った D・D システムは、各社の競争の中、回転の正確性と静粛性やハイトルク化などカタログに出せる数値のより一層の高性能化を進める為に、サーボを極限迄強化する為に電子回路を巨大化させたり、その必要性がよく分からない程強大なトルク値を稼ごうと極端に強力な磁気回路を搭載しました。カタログ上で説明出来る素人目に分かり易い高性能さを強調する為に数値に走った事が、レコードリスナー達のプレーバックに於ける欲求不満を募らせる要因になっていたと思われるのです。

そこで先祖帰りではありませんがモーターそのものが持っている回転の質に目を向けることにしました。電気的なサーボへの依存度を下げ機械的な精度を高めた高品質・高精度のモーターの使用こそが、音質的に満足出来る D・D モーターを使ったターンテーブルシステムを作る条件になると考えました。先にもお話したように最近では欧米から新たに D・D モーターを採用したターンテーブルシステムが出て来ていますし、中にはコンピューターを回転制御に使用した新しい製品も出ています。また従来からある製品でも機種によっては未だメンテナンスが可能なものもありその実力は現用機としても十分です。

以上のような点から現時点でも回転精度や静粛性それにハンドリングの良さに関しては D・D ターンテーブルシステムには十分以上の可能性があり、これから LP レコードで質の高いプレーバックを試みる場合残存する個体数の多さも考え合わせて、 D・D ターンテーブルシステムに再登場願うのが一番現実味がある方法と考えています。

D・D モーターがターンテーブルシステムの趨勢から遠のいて行った経緯は先にも述べた様に、オーディオブームの消滅と共にメーカーの開発製造が止まったことに加えて、 D・D ターンテーブルシステムの音を認めなかった一部の声の大きなレコードリスナー(オーディオエリート?)のメディアでの存在が大きく影響しているのかも知れません。

これからレコードプレーヤーを選ぶ際には必ずしも高価格=高性能と云う図式が成り立たないこと、高価なもの程しっかりと個性を纏っていること等を念頭に置き、価格をはじめとして好事家やメディアから発せられるマニアックなレビューに惑わされず、夫々気になった機種を実際にお試しになりご自分の耳で判断されるのが一番良い方法です。色々な情報から今迄 D・D モーターを使ったターンテーブルシステムは駄目だと思われていた方も、心を平らにして聴き直してみるとなかなか佳いじゃないかと思われるかも。

2014/06/13