音羽 誕生

BSC_5357-web

オーディオ機器のセッティングに金属製に限らずスパイク受けや高分子系の一般にインシュレーターと云われているものを使用すると、結果の良否は別にして音は必ず変ってしまいます。当店が行うインストールはそのような不確定要素を極力排除したいが為に、インシュレーター等アクセサリーの使用を控えて参りました。当店はオーディオシステムをインストールするにあたり、先ず源信号に含まれない音を極力排除すること念頭に置いています。けれども音そのものを直接生み出すスピーカーに限って云えばその振動エネルギーは他の機器に比べて桁違いに大きく、それを支える為にその時点で可能な限りの強度を持った床(コンクリート下地)に直接スパイクを刺すことにしていますが、まだ何処かに拙い所があるのか僅かながら気になる響きが見え隠れしています。スパイクによってスピーカーの振動は床へと逃がされている筈なのですが、それでもまだスピーカーの振る舞いが抑制されている感触が拭いきれないでいました。

しかしその何かをインシュレーター等のアクセサリーによって解決しようにも、前述したように既存の製品では固有の音が付加されることになり、副作用を被るリスクの大きくから実行出来ないでいました。店内で日頃デモンストレーションしているサウンドは、 Zanden audio sistem のクォリティーを存分に発揮していて、このままでも十分満足出来る状況にあったと云えます。そこに安直に市販のインシュレーターによる Something を加えてしまったとしたら、現状維持さえままならない泥沼にはまり込んでしまい、むしろ余計に悩みが深まる状況に嵌ってしまうことが想像に難くありません。だからといってまだ先に進めそうな予感がある中このまま宙ぶらりんで放り出す訳にもいかず、なんとか他に方法は無いかと無い知恵を絞ってみるものの荒唐無稽の空中浮遊にまでたどり着いてしまう堂々巡り。このまま他力本願を決め込んで惰眠をむさぼり暮らしていても、私の思い描く理想のものが他所から現れる可能性は極めて薄いと云わざるを得ませんでした。

そうやってただただ文句を垂れているだけでは埒があく筈も無く、そんなフラストレーションを解消する手段は、自らがその空中浮遊状態を体現する新機軸をものにするしかないと肚をくくり、新しいインシュレーターの試作に向けて空っぽの状態から構想を練り始めました。

頭の中紙の上に浮かんでは消え浮かんでは消えするアイデアの絞り込みを繰り返し創作を進めましたが、あわよくば途中試作を省いて図面上だけで完成品として仕上げてしまいたいと虫のいいことを目論んでいました。何しろニッチなオーディオショップですから、割ける資金に余裕ありませんので。途中かなりの紆余曲折がありましたが、何とか試作一発で成功させようとほぼ1年がかりで最終図面を書き上げたのが1年半前のこと。工場を急かして待望の試作品が出来上がったのがその1ヶ月後、早速試聴を開始しました。

試聴を開始する迄は当初の狙い通りの効果が出てくれるのか気を揉みましたが、案ずるより産むが易しと云うか奇跡が起こったと思える程目指していたもの以上の好結果を披露してくれました、ひとまず安堵。今思い返してみても「考え甘いよ」と云われる様な無茶な計画と行程でしたが、「音を変えずに音を良くする」この一見矛盾に満ちた積年の夢が目の前に現れました。「音羽」と命名し直ぐに製品化することを決断しましたとも。

販売に向けては商品性や機能の完成度を検証する必要もあり、製品版と同じ最終モデルを必要数製作し長期の試用を開始しました。その結果は完成直後初めて試聴したときの印象はそのままに、予想通りスポイルされる部分や固有の癖が付加される副作用もなくもう太鼓判押しまくりです。このサウンドクォリティーの昇華具合は想定を大きく超えるもので嬉しくてたまりません。

その効果は初めての経験することでもあり、レビュー等で良く使用される既存の言葉では説明が難しいと云うのが正直な感想です。実際に聴いた感想としては音色の変化が無いこともあり、オーディオ誌上ライター諸氏のレポートにあるような「激変」と云う言い回しに当てはめようとしても無理があるように思いました。全試聴期間を通して確信出来たことは、先ず第一に音質に変化は認められずその上でサウンドクォリティーは上がっていると云う、少し不思議と云うかこれ迄にも聞き覚えの無い現れ方なので、ボキャブラリーの貧しい私ではその表現方法が上手い具合には見つかりません。

言葉にするのは難しいのですが、強いて例えるとあたかも空気の密度が増したかのように静寂感に深みが増した、視覚に置き換えると陰影のグラデーションがきめ細かくなったと言えると思います。それに加えて音がスピーカーに残らず且つ通りも良くなり、音場と音像の再現がバランス良く両立している。また際だつのがプレゼンスの良さで、再生音量の大小を問わず低音楽器の音が明瞭且つ混濁なく聴こえます。その効果は大きくとても聴き易く全ての音があるべきところに展開する(音場が立体感に溢れている)という感覚とでも云えば良いのか。ほんとに新鮮です。

BSC_5353-web

そしてこの8月無事実用新案登録となり、現在販売に向け準備中です。

* 製作に時間がかかるので正式な発売は少し先になるのですが、既にご予約をいただいていた何人かのお客様のもとには納品を済ませました、使用を開始されて直ぐに Must item のお言葉を頂いています。

音羽は音楽生活の充実を求める皆様を更なる深淵へと誘う、とっておきの Must-have item になると確信しています。

2016/9/4